新着情報
ホーム » メールマガジンバックナンバー » はい、惠友印刷です! –vol.115– 2016.03.12

はい、惠友印刷です! –vol.115– 2016.03.12

【本メールは購読登録及び名刺交換させていただいた方にお送りしています。】

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥

  はい、惠友印刷です! –vol.115–

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥

■□ I N D E X ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 ◆ 惠友印刷からのお知らせ ………  繁忙期と「年度末」

 ◆ DTP事始め Vol.06 ……………… ヘアラインへの対処方法 編

 ◆ アートの広場 Vol.06 …………… 『ぐりとぐら』 編

 ◆ 社員のひとりごと ………………… 今週の担当:プリプレス部 It.t

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

┏………………………………………………………………………………………┓

:        惠友印刷からのお知らせ        

┗………………………………………………………………………………………┛

□■□■□■□■□■  繁忙期と「年度末」   □■□■□■□■□

 いよいよ「繁忙期」といった仕事内容です。

裏を返せば、夏場に「閑散期」があるという事です。

出版印刷で言えば、「年度末」の3月末がそうなわけですが、

 この「年度」ですが、「会計年度」や「学校年度」などは3月ですが

農作物・加工品。たとえば、いも年度は9月開始・砂糖年度は10月開始・

米穀年度は11月開始・綿花年度は8月開始・羊毛年度は7月開始…。

 工業製品だと、農薬年度は10月開始・肥料年度は6月開始なんだそうで

「年度」といっても、いろいろあるもんです。

………………………………………………………………………………………

恵友印刷サイト: http://www.keiyu-printing.jp/

恵友印刷FaceBook: https://www.facebook.com/keiyu.print

………………………………………………………………………………………

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

  DTP事始め  ーー ヘアラインへの対処方法 ーー  Vol.06

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

 前回の「ヘアライン」で思い出しました。

「危機一髪」は、何と言っても『ドラゴン危機一発』の影響で

「危機一発」の方で、一般化しちゃったわけですが、こっちのほうが

キャッチコピーとしてのインパクトが大きいので、いろいろ使われた。

 例えば「黒ひげ危機一発」これは『クイズ・ドレミファドン!』の

放送初回からプレゼントゲームに採用されて、有名になったし

「一発」は、その後も「ファイト一発」とかで定着してしまった……。

 ここで、日本語の乱れとか言いたくなるわけですが、そもそも

「常識」ってもの自体が、時流で変わるもんですから

これは言ってもしょうがないのかも………!

 ともあれ本来は、髪の毛一本ほどの違いで、極めて危険な状態になりそうなこと。

ひとつ間違えば大変な危険に陥りそうなこと。あるいは「間一髪」。

極めて僅かな隙間、まさに「ヘアライン」の意味なんで、「一発」ではない。

 前回の「極細線」はトンボについての関連で言いたかったわけですが

その肝心な事を言い忘れてしまいました。

 ヘアラインへの対処方法はAcrobatでは、7.0の印刷工程ツールに

[ヘアラインの修正]という機能がついたので、これで

細い線を太い線に置き換えることが可能になりました。

通常、墨ベタの線は、0.1 mmの表罫程度に置き換えましょう。

Illustratorの塗り設定のみの「1デバイスピクセル」の線も変換できます。

 大抵のものはバージョンアップで使いやすくなっていきます。

ですが例外もあって、関連して言いたかったのは

トンボはトリムマークなんですが、これとトリムエリアが

アドビのソフトバージョンでは、実はわかりにくい経過を取っています。

これについては次回に。

─…─…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─

アートの広場 Vol.06 『ぐりとぐら』

─…─…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─

 前回、『いやいやえん』について「保育者の言葉で書かれた、

日本で初めての童話」という松居直の評論があった話をしましたが

『ぐりとぐら』については、良い絵本とは子どもが見て楽しむものではなく、

入っていって楽しむものであると言っています。

 物語論でいう「行って、もどって来る」の世界です。

そこに「入る」には確かな手ごたえがある世界でないと、入り込む事はできない。

子どもが我を忘れて入り込める世界、リアリティのある絵本という事になります。

そういう絵本に出会うと、その世界に入り込んで思う存分、心から楽しめると

子どもは、ためいきをついて “ ああ、おもしろかった ” と喜びを表します。

 リアリティがなく、曖昧だったり、わかりにくいと「もう一回読んで〜〜」はない。

手に取るようにはっきりとした「世界観」があるかどうかの違いなのだろう。

 話は違うが、以外とこれ大人の世界でも同じで、ビジョン・世界観が明確でないと

人は動かない。話し合いでも、口説きでも、プレゼンでも、モノを売る時でも

自分が本当に良いと思える。手応えがないものは説得できない、というか売れない。

 絵本にもどると『いやいやえん』も『ぐりとぐら』にも “ 確かな手ごたえがある。

子どもが入っていける明快な世界 ” がある。

 自己紹介は歌の中でされて、飽きるさせるような無駄なものはない。

イメージが自分の中ではっきりしているから説明的、解説的なくどさがない。

 会話では「やあ、なんておおきなたまごだろう。おつきさまぐらいの

めだまやきができるぞ」「ぼくらのべっとより、もっとあつくて、

ふわふわのたまごやきができるぞ」と誇張があるが

子どもはこうした言葉とイメージの遊びをよくするものだ。

イメージは躍動し、積極的な表現をしている。

 こうした子どもの共感をさそい、子どもを引き込んでいく力を持つためには

文章が目に見えるように書かれている事。子どもの関心事である事。

願望と空想が子どもの共感を誘い物語への参加を促している、等々が必要。

 しかも、これらには読者を自分の世界へ引っ張り込もうというのではなく

幼児の中に語り込んでいく、とでもいうような語りの展開がある。

 幼児の集団生活の中からの発想・表現であって

これらの発想・表現は外からの借り物ではなく

幼児の内から見ての語りになっている。

面白い絵本は多くあるが、ここが保育者の視点なのだろう。

☆………………………………………………………………………………………☆

バックナンバー「ある日の惠友印刷にて。ーーケイさんとユウくんーー」

   >> http://www.keiyu-printing.jp/keiyu_talk/

Web限定「ある日の惠友印刷にて。」

   >> http://www.keiyu-printing.jp/keiyu_talk/#talk_web

☆………………………………………………………………………………………☆

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓

┃  社 員 の ひ と り ご と

┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛

このコーナーは毎回惠友印刷の全員が1名ずつ自由に書いていくコーナーです。

【今週の担当:プリプレス部 It.t】

「マンチカン」

「マンチカン」という名の猫種をご存じでしょうか。短足の姿がとてもかわいい猫なんです。

僕が「マンチカン」を知ったのは、昨夏くらいで、動画サイト「YOUTUBE」で1度、動画を

見てしまうと、あっという間に時間が経ってしまい、気が付くと夜中の3時4時になってしまい

そんな時間に布団に行くものだから、赤ちゃんも起きてしまい、怒られます…

この「マンチカン」ペットショップでは30万円くらいの高値で販売されていまして、とても

人気があるようです。

そんな人気が後押ししてなのか、最近では、この「マンチカン」と別の猫種を交配させて

新たな猫種を誕生させているようですが……

興味がありましたら、検索してみてください。

☆………………………………………………………………………………………☆

   ウ〜〜ン。わんこの次はニャンコですね。

☆………………………………………………………………………………………☆

購読の登録・解除はこちらのページから行えます。

http://www.keiyu-printing.jp/magazine/

メールマガジンの前回までのバックナンバーはこちらでご覧いただけます。

http://www.keiyu-printing.jp/mm_bnumber/

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

┏┏┏

┏┏     惠友印刷株式会社

┏    〒174-0061 東京都板橋区大原町46-2

┌    TEL:03-3558-7670  FAX:03-3558-7661

┌    mail: info@keiyu-printing.jp

┌    URL: http://www.keiyu-printing.jp/

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

トップへ