新着情報
ホーム » メールマガジンバックナンバー » はい、惠友印刷です! –vol.116– 2016.03.22

はい、惠友印刷です! –vol.116– 2016.03.22

【本メールは購読登録及び名刺交換させていただいた方にお送りしています。】
∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥

  はい、惠友印刷です! –vol.116–

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥

■□ I N D E X ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 ◆ 惠友印刷からのお知らせ ……… 繁忙期と連休
 ◆ DTP事始め Vol.07 ……………… 「トリムエリア」 編
 ◆ アートの広場 Vol.07 …………… 『ぐりとぐら』と『ちびくろさんぼ』 編
 ◆ 社員のひとりごと ………………… 今週の担当:Osh 
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

┏………………………………………………………………………………………┓
:        惠友印刷からのお知らせ        
┗………………………………………………………………………………………┛

□■□■□■□■□■ 繁忙期と連休 □■□■□■□■□

 前回も書きましたが、3月は繁忙期なので惠友印刷は
年間の労働日配分で、3月21日の祭日は振替出勤でした。
ここを稼がないと夏の閑散期が凌げないというわけです。
それぞれ無理をしながら頑張っています。
 それもこれもお客様にご迷惑をおかけしないためです。
仕事で社会的に有益でなければ会社として生き残れません
ここはひとつ頑張りどころです。

………………………………………………………………………………………
恵友印刷サイト: http://www.keiyu-printing.jp/
恵友印刷FaceBook: https://www.facebook.com/keiyu.print
………………………………………………………………………………………

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
  DTP事始め  ーー「トリムエリア」ーー Vol.07
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 「トリムマーク」は印刷の「トンボ」です。
これがバージョンごとに仕様というか場所が変わり、分かりにくい。
 しかも「トリムエリア」という、名前と見た目が似ている機能があって、
間違いやすい。印刷側からすると何なんだーー!です。
「トリムエリア」というのは画像の書き出し範囲を指定するためのもので
印刷とは関係ない。
 つまり、このトンボはオブジェクトとはならずに、この正方形のエリアを
指し示すための「視覚的なトンボ」でしかないので、出力はされません。
 つまり、トリムエリアはモニタ表示されていても、印刷されないものなのに
形状は同じ! ときています。
 さらに「CS」までの名称がなんと「トンボ」だった!という笑えない話です。
正確に言うと、トリムエリアの設定方法は、Illustrator CSまでは
[オブジェクト]→[トンボ]→[作成]となっていました。
 多分これが評判悪かったんだと思いますが、CS4以降は、アートボードが
複数作れるようになって「トリムエリア」はなくなりました。
同時に同じ機能がアートボードで行えるようになりました。
 じゃあ何故こんな分かりにくいものがあったんだ?と言いたくなりますが
Illustratorは印刷だけで使われるもんじゃないんです。
Photoshopに持って行く時もそうですが、
主にWebなどで使用する時はこれです。
自動的にトンボの範囲内だけを保存してくれる便利さが
「印刷以外の人」にはある。つまり「データ書き出し」や「WEB用保存」
のように画像として保存したいときに便利なわけです。

Webにトンボはない。

「トリムエリア」はここまでにします。

─…─…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─
アートの広場 Vol.07 『ぐりとぐら』と『ちびくろさんぼ』
─…─…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─

 先に引用したように、中川李枝子さんは『ぐりとぐら』を
書くきっかけについて、子どもたちが喜ぶ話を探していて
「……その中で最高に喜んだのが『ちびくろさんぼ』だったのね。
……最後にホットケーキを196枚食べるところで、みんなは思わずつばを飲み込む。
 そこで私は、ホットケーキの向こうを張って、カステラを作った。……
もっともっと上等でおいしいものをごちそうしようと思って。
なんせカステラは、ホットケーキよりもふんだんに卵を使うんですから……
子どもたちはびっくりするでしょう。」と

 ところがこの『ちびくろさんぼ』は黒人差別として絶版にされた事。
その後に他社で復刊されている事。これらについては、考える所は多い…が
いろいろ論及されているので、ここでは概略のみ……。

 問題の発端は『ちびくろさんぼ』そのものではなく、「そごう」デパートの
マネキンを見た『ワシントン・ポスト』の極東総支局長一家が驚いて書いた
「黒人の古いステレオタイプが日本で息を吹き返す…」という記事から始まって
というかそれより前に見ていたサンリオキャラクターの「サンボ&ハンナ」のことや
政治家の発言、一家3人の会である「黒人差別をなくす会」の動きなど重なって
1988年7月から始まって、12月には早くも岩波の『ちびくろさんぼ』が絶版される
という経過だ。
 個人的には、差別撤廃運動の時流に巻き込まれたと感じている。
カルピスのシンボルマーク、のタカラが用いていたダッコちゃんマーク
手塚治虫をはじめとした漫画等々……自主規制が行き過ぎて、結果的に
作品に黒人そのものを登場させない……というのでは、表現の自由がなくなる。
 もちろん差別撤廃運動は重要だ。しかし、これもまた
真理も行き過ぎれば誤謬というか反対物になる……の類に思える。

 言いたいのは、絵本としての独自性 歴史通貫的視点、つまり絵のことなので
長くならないように終わります。

☆………………………………………………………………………………………☆

バックナンバー「ある日の惠友印刷にて。ーーケイさんとユウくんーー」
   >> http://www.keiyu-printing.jp/keiyu_talk/
Web限定「ある日の惠友印刷にて。」
   >> http://www.keiyu-printing.jp/keiyu_talk/#talk_web

☆………………………………………………………………………………………☆

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃  社 員 の ひ と り ご と
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛

このコーナーは毎回惠友印刷の全員が1名ずつ自由に書いていくコーナーです。
【今週の担当:Osh】

 通勤に自転車を使い始めて3年が経ちました。
といってもこの間、同じ自転車ではなく移り変わりがあります。
最初はいわゆるママチャリです。それも1台ではないのですが
残っているのは「倒れても壊れない丈夫な奴」という代物で
今となっては「重い」ものです。
 実は、当社には「サイクル部」とでも言いたくなる人々がおりまして
影響されたわけではないのですが、いう所の「スポーツ車」の入門
といったものに乗り換えました。
 結構びっくりしました。こんなにちがうのか!です。
その後、それなりのものに乗り換えたのですが
変えざるを得なかった原因は、悲しい事に盗難です。
さらに、この悪循環が続き……と言っても自分が悪いのですが
何回も続くと嫌になりかけました。
 ここで我が「サイクル部」の方が、部品を集めて一台のスポーツ車を
『なんということでしょう』! 組み立てくれたではありませんか!
 語りが、劇的ビフォーアフターのサザエさんの声になりそうです。
涙、涙です。「サイクル部」の方々の運動量というか、距離は
聞きしに勝るもので、比較になりませんが、それでも片道約
10kmの往復、山手通りを走るので、30カ所以上の信号があって
止まる時間が長い、それでも30分位は走っているおかげで
1日の運動量が戻った事は、いうまでもありません。
  
☆………………………………………………………………………………………☆

購読の登録・解除はこちらのページから行えます。
http://www.keiyu-printing.jp/magazine/

メールマガジンの前回までのバックナンバーはこちらでご覧いただけます。
http://www.keiyu-printing.jp/mm_bnumber/

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
┏┏┏
┏┏   惠友印刷株式会社
┏   〒174-0061 東京都板橋区大原町46-2
┌    TEL:03-3558-7670 FAX:03-3558-7661
┌    mail: info@keiyu-printing.jp
┌    URL: http://www.keiyu-printing.jp/

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

トップへ