新着情報
ホーム » お知らせ » ダイレクト製版のサービス終了と代替サービスに関するお知らせ

ダイレクト製版のサービス終了と代替サービスに関するお知らせ

弊社は1997年10月より提供して参りました四六全判対応のダイレクト製版サービスを、本年4月末を持ちまして終了させて頂きました。

データ入稿やデジタル印刷も一般となりました今日、製版機の老朽化、感材コスト等を含めダイレクト製版事業の収益性・持続可能性を見直す事となり、シルバーマスターはその役目を終え、新たな需要に対し代替サービスへ完全移行させて頂く運びとなりました。

2002年5月には四六全判対応のサーマルCTP、2010年7月には高解像度ドキュメントスキャニング機を本社/板橋工場に導入、シルバーマスターの段階的な縮減と共に、お客さまにデータ入稿やドキュメントスキャニングを推奨・提案させて頂いておりました。
そして本年5月、本社/板橋工場にて稼動しておりましたダイレクト製版機の最終機を廃棄いたしました。

紙版下の入稿自体は引続き対応しており、高解像度スキャニングによるデータ化の上、CTP版出力や、デジタル印刷(POD)を案内させて頂いています。
高解像度スキャニングについてはスキャニング後、ゴミ消し・トンボの自動検知・スキュー(曲がり)補正など高品質に向けたDTP運用を行っております。

永く弊社シルバーマスターをご愛顧くださいましたお客さまに深く感謝いたしますと共に、新サービスへの移行をご検討くださいますよう、宜しくお願い申し上げます。

より詳しい情報はこちら>> ダイレクト製版のサービス終了と代替サービスについてのお知らせ(PDF)

トップへ