製本部鯨岡 利彰TOSHIAKI KUJIRAOKA

仕事のやりがい

印刷の後工程である、加工・製本部門で働いています。工程ごとに、
実に様々な加工機・製本機を取り扱う事になるので、メンバーと協業したり、
分業したりの繰り返しです。
最近は、主に絵本を作るための上製本(ハードカバー)の機械も入ってきました。
手作業も多いので大変です。
しかし、満足のいく仕上りで商品を出荷できる事に、すごく喜びを感じています。

仕事への想い

私の元には刷本(すりほん)と呼ばれる半製品がパーツ毎に届き、
それを決められた納期までに完成品へと仕上げるのが仕事です。
その半製品は私たちの所に届くまで、沢山の人たちの思いが乗っています。
良い物を作ろうと尽力して来たその人たちの仕事に思いを馳せ、
1つひとつ丁寧に、作っていきます。

最終工程の製本は、全ての材料・仕事を無駄にしてしまいかねない 総仕上げの仕事なので、とても神経を使います。