新着情報
ホーム » メールマガジンバックナンバー » はい、惠友印刷です! - vol.18 -

はい、惠友印刷です! - vol.18 -

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥

  はい、惠友印刷です! - vol.18 -

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥

こんにちは、メールマガジン担当のNです。
先週に引き続き、今週も雪ですね。
また積もるんでしょうか……寒い。
明日は暴風雨とか言っていましたが……お外に出たくない……(←明日出勤の人
それでは、今週のメルマガ最後までお楽しみください。

■□ I N D E X ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 ◆ 惠友印刷からのお知らせ ………… 「ある日の惠友印刷にて。」Web限定ページ登場!
 ◆ ある日の惠友印刷にて。 ………… 第14回 トレンドとカラー 編
 ◆ 社員のひとりごと ………………… 今週の担当:印刷部 Hr

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

┏………………………………………………………………………………………┓
:          惠友印刷からのお知らせ            :
┗………………………………………………………………………………………┛

□■□■ 「ある日の惠友印刷にて。」Web限定ページ登場! □■□■

当メルマガ内で連載中の「ある日の惠友印刷にて。」ですが、
弊社サイトでしか見られないテーマのページが登場しました!
Web限定ページでは、主に入稿やデータ作成時にあやふやになりがちな設定や
データの確認方法など、データに特化した内容でお送りしていきます。
これに伴って、新キャラも登場していますので、こちらも宜しくお願いいたします。

「ある日の惠友印刷にて。」Web限定ページ
    >> http://www.keiyu-printing.jp/keiyu_talk/#talk_web

☆…―――――――――――――――――――――――――――――――☆
|          ある日の惠友印刷にて。           |
☆―――――――――――――――――――――――――――――――…☆

◯●◯●◯●◯●◯ 第14回 トレンドとカラー 編 ●◯●◯●◯●◯●

〈新人〉「工場見学」お帰りなさーい(/・ω・)/ いいとこありました?
【先輩】やっぱり刺激になるねー、他社の工場見学は。
    細かい工夫も参考になるし、近い商売だと考えさせられるところが大きい。
    例えば5S活動・小集団活動もそうだし「環境問題」もそう。
    特に「環境」は中国のPM2.5なんてのもあるけど、大きい流れ=トレンドだよね。
〈新人〉説明いらないっすよ。2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子のことです(`・ω・´)ゞ
【先輩】先取りするな~。言いたいのは経済発展や時代の流れの影響で、取り上げられる課題にも
    流行があるってことだよ。
〈新人〉流行ってもっとフワッとしたもんじゃないんですか?
【先輩】いや~、デザインと同じで底流には理由があるよ。ワケありさ。
    古いところじゃアールヌーボーなんて偶然じゃない。19世紀になって鉄とガラスの大量生産が
    出来るようになったって工業的裏付けの上に、ミュシャやガレが出てきたって流れだし、
    現代でも鉄板曲げる技術に応じてバイクや車の形の流行は変わってきただろ。
〈新人〉なんか産業革命の話みたいですね。アソビの余地はないんですか?
【先輩】アソビっていうか偶然性は付いてまわる。ミュシャがいなくてもアールヌーボーの流れは
    変わらない、そのときには他の作家が代表を取って代わるような「変化」には、なる。
    そういう太い底流・大きい流れ、時代の趨勢って意味の「トレンド」の上に
    バリエーションやタイムリーな細かい変化がついて流行(ハヤリ)ものが移り変わる。
〈新人〉硬! 流行って言ったらファッションですよ。色ですよ。
    昨日来てプレゼンしてもらったWebのパートナーになってもらってる
    「まちいろ」さんなんて社名に「いろ」が付いてますからね
【先輩】何が言いたいんだ?よくわからん。でも今のWebの流れもそう。濃いのに飽きると
    薄いのが欲しくなるし、色もビビットばっかりだとお腹いっぱいで
    パステルのクリアーなのが新鮮に見えてくる。2013年はフラットデザインに
    高彩度の配色が新しかったけど、2014年春はパステルカラーが新しい。
〈新人〉でも流行って何となく決まってるようにしか思えないっす!
【先輩】例えば「流行色」なんて2年前に決まってるんだ。
〈新人〉嘘っ!?「2014年春夏シーズンを大胆予測!」とか「トレンド先読み」とかの
    雑誌の見出しがおどってるじゃないですか!
【先輩】大勢の本当の気分で決まるとすると「素材の生産」が間に合う訳ないでしょ「産業」なのよ。
    ちなみに2014年の流行色は、印刷でもおなじみの色見本帳の米Pantone(パントン)は、
    「Radiant Orchid(ラディアント オーキッド)」に決めている。
〈新人〉キラキラ輝くパープルvvだって purpleの時代キタ━(゜∀゜)━!
    ってのはいいんだけど、じゃPantoneが決めてるんすか?
【先輩】《インターカラー》が決めてる。しかも話し合いで。日本ではJAFCA。
    (社)日本流行色協会が代表登録してる。 春夏だと「イエロー」がトレンド。
    詳しくは→『インターカラー情報を入手するにはJAFCAの「インターカラー日本委 員会」にご入会ください。』
    本部はパリ、日本は神保町で~す。
〈新人〉なに宣伝してるんですか!( ゜д゜ )
    ジャフカ?知らんス!勝手に決めるな!非常識!
【先輩】アパレルでは常識なの! トレンドカラーだけじゃなくて色々あるから見てみよう。
〈新人〉でも、そんな前に決まってんなら先取りして抜け駆けできるんじゃないですか?
【先輩】みんなやるんだな~それを…。でも誰も成功しない。
    マスコミで宣伝されないとダメなんだ。さっきの「雑誌の見出し」ってのが理由だよ。
〈新人〉う~ん。人工的に流行が作られている?ホントかな~
【先輩】人工的だろうが自然発生的だろうが、その時代の雰囲気を表す・時代の要求なんだから
    結果的には大差はない。必然性のトレンドに偶然性の装飾がくっつくって感じだね。
    だから流行は、ただ「循環」してるんじゃなくて「螺旋的」に進んで行くって訳さ。
〈新人〉目新しくなくっちゃ流行んないですからね。
【先輩】例えば、Yahooに「ファッション100年間分を踊って紹介」って映像がある、
    流行は確かに循環しているのがわかるし、前に見た気がしないように
    工夫しているのもわかる。
〈新人〉詳しいすね。先輩、その割には服ダサいっすね
【先輩】うっさい!ヾ(*`Д´*)ノ”

バックナンバー「ある日の惠友印刷にて。-ケイさんとユウくん-」
   >> http://www.keiyu-printing.jp/keiyu_talk/

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃ ┃社┃ ┃員┃ ┃の┃ ┃ひ┃ ┃と┃ ┃り┃ ┃ご┃ ┃と┃ ┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛

このコーナーは毎回弊社の社員が持ち回りで自由に書いていくコーナーです。
【今週の担当:印刷部 Hr】

正直、なにも書くことが無いです。
・・・だって・・・仕事とモンハンしかやってないんだもの・・・
いや、正確にはいろいろとやってて、面白い話もあるんですが、下衆な話なので書けません。
というわけで、モンハンの話。ええ・・・はい。解らない人は置いていきます。

モンスターハンター。略してモンハン。カプコンから出ている、アクションゲーム。
3Dの箱庭空間で巨大なモンスターと戦うこのゲームを、
私は2G(携帯ゲーム機における3作め)からやってるんですが、
ショックを受けたのが、「剥ぎ取り」というシステム。

このゲーム、ロールプレイングゲームのように、進めていくうちに、
経験値によってレベルアップ→プレイヤーキャラの基本性能(攻撃力、防御力など)が
上がるとかいうのではなく、倒したモンスターの体の一部を剥ぎ取り
(プレイヤーキャラクターがナイフ片手に、「シャッ、ザクッザクッ」と、
妙にリアルに切り取るモーションを見せます)、その素材を元に武器や防具を作り、
それを装備することによって、攻撃力や、防御力が上がるという仕様になっております。
ただ漠然と戦い続けるだけでは、強くはならず、優秀な装備を揃えなければ、
先に進めなくなってしまうわけです。
加えて、上級者にとっては、いろいろな防具、武器を集めるのが楽しみだったりします。
すべてのプレイヤーにとって欠かすことの出来ない行為。それが「剥ぎ取り」。

見た目凶悪なボスモンスターを倒し、自分が作りたい装備に必要なレア素材を
手に入れた時の喜びはひとしお・・・とまあ・・・ここまではいいんです。
だって、相手のモンスター、見るからに人に害を与えそうですからね。
いいんです。殺っちゃって。
いいんです。解体しちゃって。
ただ、このゲーム、装備以外にも、戦闘中、自キャラのダメージを回復するために飲む
「回復薬」の素材や、走るため、スタミナを回復するために食べる「こんがり肉」の素材なども、
ゲームフィールド内で採取しなければいけません。
両方、モンスターと戦うには、欠かせないアイテム。
回復薬を作るための素材、「薬草」はいいんです。
そこらに生えてるのを取ってくるだけなんで。
問題は「こんがり肉」。
この「こんがり肉」、ゲームフィールド内で、「生肉」を採取して、それを焼くことによって出来上がります。
で・・・この生肉がなにから取れるかというと・・・

ほぼ無抵抗な草食動物

・・・から取れます。
武器で斬りかかるなんてことをしなくても、蹴っただけで逃げ出すような、気弱な草食動物を・・・

斬る!!

逃げたところを、追いかけて・・・
斬る!!
倒れるまで・・・
斬る!!
倒れても・・・
斬る!!
絶命したところを・・・剥ぎ取る!!
「ワーイ!!生肉とれたよ~!!(白目を剥きながら)」
・・・なんか・・・凄い罪悪感・・・泣きそうです・・・ゲーム内とはいえ、
無抵抗な動物相手に、こんなことしていいんだろうか・・・私の手は血で汚れてしまった・・・
いやいや、待て・・・私が日々食べている肉・・・この肉だって、
無抵抗な動物達を・・・私の手は、もともと血まみれじゃないか・・・
・・・などと、飽食の時代に疑問を持ち始めるほどのショック。
こんなの子供にやらせちゃダメだろ~
・・・と思ったのもつかの間・・・
・・・三日で慣れました。
人はこうして、順応していくんだな~。

+‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+

(*´・ω・)oO(私もハンターですけど、血のエフェクトが妙にリアルで……
      設定であんまり血が出ないようにしてます……
      得意武器はスラッシュアックスです…… by メルマガ担当N)

トップへ