新着情報
ホーム » ある日の惠友印刷にて。 » コミュニケーションデザイン部 後編

コミュニケーションデザイン部 後編

さあ!きょうは「コミュニケーションデザイン部」の後ろ半分ですよ!(゚∀゚)
まぁそう急ぐなって。「デザイン」はわかるよな?
あったりまえっスよ(・ω<)。「デザイン」=「カッコ良くする事」ですよ。 服とかぁ、車とかぁ、え~と、良いデザイン=カッコいい。何でもそうです。
「良いデザイン=カッコいい」なら「カッコいいデザイン」は?
「カッコいい」を「カッコ良くする事」…う~ん。何か変。
あ、待ってください。
辞書では「図案」「意匠」?「設計」ってのも出て来るけど…ピンと来ないな。
Wikiでは、狭義と広義の意味があるとか…???
え~と他には…《「デザインする」という動詞の意味の中には、”新しい機会を見つける為の問題解決プロセス”、という広い定義がある。その上で、通常グラフィックデザインやWebデザインなど多くの場面で使われるデザインの意味は、設計したり、色をぬったりと、いわゆるデザイナーが行うクリエイティブな行為を指す》…って事になるけど、これまた分かったようで、分かんないっすね!
それを短くすると「デザインとは問題解決をするために何かを作り上げる事」
ということになる。
それにデザインするのは「物」だけじゃなく、「生活」とか「環境」「空間」「人生」「人間関係」そして「コミュニケーション」となる訳だ。
ん?ちょっと待ってください。チューショー的なんですよぉ。
なんか分かりやすい例え話とかないですか?
…「抽象的」くらい漢字で言えって。
ここにティーカップとティーポットがあるだろ?
このデザインを見るとまず「取手」は何のために付いてるんだと思う?
湯のみ茶碗みたいなのだと熱くて飲みにくいからですね。
kei_08 それって、「熱くて飲みにくい」という問題を解決している事になるだろう。
「問題解決」だよね。
なるほど。「問題解決」すると→ 使い易さ→ =機能性UP というわけか(゚д゚)!
あ、でもポットの注ぎ口が「S字」になっているのは『カッコ』つけだけでしょ~?
口があればいいんだから、一番上だけチョット切り欠けがあるんでも、何でもいいじゃないっすか。
ホントにそうかな?
それだと残り少なくなると蓋が落ちるくらい傾けないと、注げなくならないか?
えー?(゚з゚) …あっホントだ(゚д゚)!
良く見ると底の部分から注ぎ口が出発しているから無理に傾けなくても、最後まで注げるよう工夫されている、という訳。
デザインには「訳」があるんだよ。
なぜかと言うと問題解決の手段だからだ。
だから、どんなデザインにも「理由がある」んだ。
使い易くて、機能性があって格好がいい、つまり美しいそういうものに囲まれて生活すると、人は幸せな気持ちになれるという訳さ。
それが「機能美」の根拠だ。
あっ!「カッコ良くする事」って言ったのは、その「機能美」のことでした(・ω<)
ケイ …「後だしジャンケン」みたいなやつだな。
最後にデザインに関するスティーブ・ジョブスの言葉だ。
『デザインとは、単にどのように見えるか、どのように感じるかという事ではない。どう機能するかだ。』
ユウ じゃあ、今日はここまでにしておいてあげます(・∀・)
次回は合体!「コミュニケーション」+「デザイン」編です。
ケイ ……。(こいつ…!(# ゚Д゚) )
トップへ