新着情報
ホーム » ある日の惠友印刷にて。 » 会議は民主主義? 編

会議は民主主義? 編

ケイ 惠友印刷の半期の全体会議がもうすぐだな
ユウ でもよく「会議してるヒマあったら営業行って来い、仕事しろ」とか「ムダな会議」「会議はムダ」とか言ってる人いるじゃないですか?
ケイ もちろん「ムダな会議」はダメだ。
でも、一人社長の会社でもない限り、何人かで協力する時に会議は必要だよ。
ユウ 会議や打ち合わせ無しだと、バラバラになって大混乱!
司令塔のいないサッカー。監督のいない野球。
ケイ しかも、会議の目的や種類・規模で、運営のルールも違って来る。
ユウ 会社の会議だったらみんな同じなんじゃないですか?(・ω・)
ケイ 指示命令の会議から、ブレインストーミング型まであるけど、多いのは意思決定型の会議だろうな。
今度の全体会議も主にはここ(プラス)問題発見・解決型の要素もある。
民主的に運営するには進行側はこんな事も考えといた方が良い。
ユウ 「民主的」っていえば、「ジャンケン民主主義」なんてのもありますよ。
いっつも「ジャイアン」にポカスカやられて言う事聞かなきゃいけない「のび太」みたいな奴が考えだしたんだと僕は思うんですよ( ー`дー´)キリッ
ケイ 平等か~。
偶然に頼って不平等を無くすやり方のジャンケンは「3すくみ」だから、グルグル回っていく。
でも大人数だとなかなか決着がつかないんだ10人で100回ジャンケンすると
95回も「あいこ」になっちゃう。
くじ引きもコイン投げも確率だけど、知恵がないよな?。
ユウ わかった!民主主義って「多数決」の事ですよ。
過半数ってヤツですよ、何でもそうじゃないですか。
ケイ 正しいと考える人の多い主張を取るのが民主主義の約束事の一つだ。
けど、「多数決 = 民主主義的」かい?
多数決を逆手に取って一番支持の多いものに決まらず別の案が決まってしまう仕組みを作る事だってある「票を割る」ってヤツだ。
こういう時は「決選投票」した方が良い。
選挙じゃキャスティングボードを握るとか言うし、中選挙区とか小選挙区とかの枠組みで結果を変えることができるし、一票の格差とかも平等じゃない。
ユウ 先輩!立候補のご予定はっ!?
ケイ まだ未定ですが…って違う( ゚д゚ )!
もう一つ言うと、少数意見は切り捨てていいのか?って事がある。
ユウ でも、そうしないと決まらないじゃないですか~(-ε-)
ケイ だが、そこをあきらめないことが重要なんだ。
選択肢があって意見が分かれる場合は、内容を良く話し合って必要な修正を行い、より多くの賛同が得られる形を作るまで「対話」して決める。
そして、決まったものには皆で従う。
ユウ なるほど…自分はは反対だったのにっていう少数派はその決定には「従いたくない」ですもんね。
ケイ 日本じゃそこで「満場一致」と言う不思議なやり方で、決めごとに従わせる手法が取られて来たんだ。
「賛成したんだからやれよなっ!」ってね。
ユウ 言葉の人質ってやつですね。(σ・∀・)σ
ケイ 言質(げんち)っていうんだ。
ユウ 会社の会議ではどうすれば良いんです?
ケイ たとえ過半数以上でも、憲法改正やコンクラーベみたいに3分の2であっても、少数派の意見を取り入れる方法を考えた方が、手間は掛かっても全体の賛成度はより高くなるんだから、こっちの方が「民主的」だよ。
ユウ 反対意見を潰された!となると面白くないですよね。
ケイ 反対意見と言うより、違った角度からのものの見方なんだし、気づかない切り口かもしれない。
新鮮なものの見方と言う事もあるだろう。
ユウ 少数意見でもハナっから無視より、「言って決まる」方が納得できて良いですよ。
ケイ 民主主義的にやるには時間はかかるけど「対話」が重要と言う事だね。
ただ会社の会議は生き残るために行動するためのものだから、結論は出さなきゃならない。
決定に従って行動する。対話不足を理由に決定を先延ばしにすると、実行できない。
実践の場では「やらない」より「やった」方がいい。やらないと正しかったかどうかすら分からない。
ユウ 先輩の失敗体験から来ているんですね…(´;ω;`)
ケイ 余計なお世話だっ(# ゜Д゜)
トップへ