新着情報
ホーム » ある日の惠友印刷にて。 » トレンドとカラー 編

トレンドとカラー 編

ユウ 「工場見学」お帰りなさーい(/・ω・)/ いいとこありました?
ケイ やっぱり刺激になるねー、他社の工場見学は。
細かい工夫も参考になるし、近い商売だと考えさせられるところが大きい。
例えば5S活動・小集団活動もそうだし「環境問題」もそう。
特に「環境」は中国のPM2.5なんてのもあるけど、大きい流れ=トレンドだよね。
ユウ 説明いらないっすよ。2.5μm(1μmは1mmの千分の1)以下の小さな粒子のことです(`・ω・´)ゞ
ケイ 先取りするな~。言いたいのは経済発展や時代の流れの影響で、取り上げられる課題にも流行があるってことだよ。
ユウ 流行ってもっとフワッとしたもんじゃないんですか?
ケイ いや~、デザインと同じで底流には理由があるよ。ワケありさ。
古いところじゃアールヌーボーなんて偶然じゃない。19世紀になって鉄とガラスの大量生産が出来るようになったって工業的裏付けの上に、ミュシャやガレが出てきたって流れだし、現代でも鉄板曲げる技術に応じてバイクや車の形の流行は変わってきただろ。
ユウ なんか産業革命の話みたいですね。アソビの余地はないんですか?
ケイ アソビっていうか偶然性は付いてまわる。ミュシャがいなくてもアールヌーボーの流れは変わらない、そのときには他の作家が代表を取って代わるような「変化」には、なる。
そういう太い底流・大きい流れ、時代の趨勢って意味の「トレンド」の上にバリエーションやタイムリーな細かい変化がついて流行(ハヤリ)ものが移り変わる。
ユウ 硬! 流行って言ったらファッションですよ。色ですよ。
昨日来てプレゼンしてもらったWebのパートナーになってもらってる「まちいろ」さんなんて社名に「いろ」が付いてますからね
ケイ 何が言いたいんだ?よくわからん。
でも今のWebの流れもそう。
濃いのに飽きると薄いのが欲しくなるし、色もビビットばっかりだとお腹いっぱいでパステルのクリアーなのが新鮮に見えてくる。
2013年はフラットデザインに高彩度の配色が新しかったけど、2014年春はパステルカラーが新しい。
ユウ でも流行って何となく決まってるようにしか思えないっす!
ケイ 例えば「流行色」なんて2年前に決まってるんだ。
ユウ 嘘っ!?「2014年春夏シーズンを大胆予測!」とか「トレンド先読み」とかの雑誌の見出しがおどってるじゃないですか!
ケイ 大勢の本当の気分で決まるとすると「素材の生産」が間に合う訳ないでしょ「産業」なのよ。
ちなみに2014年の流行色は、印刷でもおなじみの色見本帳の米Pantone(パントン)は、「Radiant Orchid(ラディアント オーキッド)」に決めている。
ユウ キラキラ輝くパープルvvだって。
purpleの時代キタ━(゜∀゜)━!ってのはいいんだけど、じゃPantoneが決めてるんすか?
ケイ 《インターカラー》が決めてる。しかも話し合いで。日本ではJAFCA。
(社)日本流行色協会が代表登録してる。 春夏だと「イエロー」がトレンド。
詳しくは→『インターカラー情報を入手するにはJAFCAの「インターカラー日本委員会」にご入会ください。』
本部はパリ、日本は神保町で~す。
ユウ なに宣伝してるんですか!( ゜д゜ )
ジャフカ?知らんス!勝手に決めるな!非常識!
ケイ アパレルでは常識なの! トレンドカラーだけじゃなくて色々あるから見てみよう。
ユウ でも、そんな前に決まってんなら先取りして抜け駆けできるんじゃないですか?
ケイ みんなやるんだな~それを…。でも誰も成功しない。
マスコミで宣伝されないとダメなんだ。さっきの「雑誌の見出し」ってのが理由だよ。
ユウ う~ん。人工的に流行が作られている?ホントかな~
ケイ 人工的だろうが自然発生的だろうが、その時代の雰囲気を表す・時代の要求なんだから結果的には大差はない。
必然性のトレンドに偶然性の装飾がくっつくって感じだね。
だから流行は、ただ「循環」してるんじゃなくて「螺旋的」に進んで行くって訳さ。
ユウ 目新しくなくっちゃ流行んないですからね。
ケイ 例えば、Yahooに「ファッション100年間分を踊って紹介」って映像がある、流行は確かに循環しているのがわかるし、前に見た気がしないように工夫しているのもわかる。
ユウ 詳しいすね。先輩、その割には服ダサいっすね
ケイ うっさい!ヾ(*`Д´*)
トップへ