新着情報
ホーム » メールマガジンバックナンバー » はい、惠友印刷です! –vol.112– 2016.02.20

はい、惠友印刷です! –vol.112– 2016.02.20

【本メールは購読登録及び名刺交換させていただいた方にお送りしています。】

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥

  はい、惠友印刷です! –vol.112–

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥

■□ I N D E X ━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

 ◆ 惠友印刷からのお知らせ ………  Pageが終わって

 ◆ DTP事始め Vol.03 ……………… ヘアライン 編

 ◆ アートの広場 Vol.03 …………… 「紙の本」は三次元 編

 ◆ 社員のひとりごと ………………… 今週の担当:Haru

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

┏………………………………………………………………………………………┓

:        惠友印刷からのお知らせ        

┗………………………………………………………………………………………┛

□■□■□■□■□■ Pageが終わって □■□■□■□■□

 Page2016が終わりました。

今年は5−6月にドルッパがあるので、大体の新製品はそこでお披露目

というパターンが多いわけですし、紙やインクの需要を見ても

印刷業界の景気動向に大きな変化はありません。

 この間ソリューションとしてパッケージ業界に目が向いたわけですが

ここも総量の変化はないと言って良いようです。

 何故か、AGFAだけが日本で先行してApogee Cloudを発表し

第1号ユーザーも決まったし、ユーザー会でも20ミクロンという

2枚組ティシュペーパーの1枚分の暑さの印刷に成功したとか、

この10年で15倍になった新潟の会社さんとか元気が良かった。

………………………………………………………………………………………

恵友印刷サイト: http://www.keiyu-printing.jp/

恵友印刷FaceBook: https://www.facebook.com/keiyu.print

………………………………………………………………………………………

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

  DTP事始め  ーー ヘアライン ーー    Vol.03

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 前にトンボは細ければ細いほどいいと書きましたが、どこまで印刷出来るんだ?

という事でいうと最大の問題は紙ですが、ザックリ言って表罫の太さである

0.3pt(≒ 0.1mm)より下の線幅も十分に印刷可能です。

 条件のいいコート紙でいえば、オフセット印刷のRIP標準の2400dpiでは

175線だと1%の網点が大体0.01mmくらいなので、0.01mm=10ミクロンの

ラインが印刷可能です……と言いたいところですが、まず前提は墨ベタでは

という事です。他の色ベタでは殆ど見えません。

また、網点だと角度に沿って掠れるというか、もっと太い線幅でも

網点だと「点線」に見えてしまいます。

 となるとここで、AMに対してのFM・高精細、アグファでいうとスブリマは

どうだ?という話になりますが、これは別でするとして

 DTPの現場でよく問題になるのが、「うちのプリンターでは出ているのに

印刷したら出てないじゃないか」問題です。

 いう所のヘアライン対策なんですが、結論を先に言うと、PostScrpt

レーザープリンター(600dpi)だと最細が0.04mm→目で認識できる細い線。

オフセット印刷(2400dpi)だと0.01mm→殆ど目で認識できない細さの線だ

という事です。

 ここでプリンタ解像度が、1,200dpiの場合の最細線は

1インチ=25.4mm ÷ 1,200dpi ≒ 0.02mm

これが600dpiだと0.04mmだし

2,400dpiだと0.01mmになるわけです。

 これがPDF書き出しの時にトンボの太さの選択肢にある0.125ptから

0.25ptと、0.50ptの3種ある事と繋がって来るわけですが、

ここでポイント換算の話になると、JISとDTPの世界の違いの話になって

長くなるので、次回にしましょう。

─…─…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─

アートの広場 Vol.03 ………… 「紙の本」は三次元

─…─…─…─…─…─…─…─…─…──…─…─…─…─…─…─…─

 電子書籍には、もう随分お世話になっている。

とにかく、いつでもどこでも読めるというのが良い。

だが「紙の本」との違いは自分の中では明瞭になってきた。

 一言で言うとモニター画面の平面・二次元の電子書籍に対して

「紙の本」は三次元だということ。「あゝ厚みか」と思うかもしれないが

一覧性や記憶の引き出しとして考えると空間というか、この三次元というのが

大きい役割を果たしている、とつくづく思う。

 あの本の、あのあたりに書いてあったなとか、厚みで記憶しているからそう思う。

 もちろん電子書籍でも「束」を色々工夫したものもあるが、原理的に無理がある。

三次元的な、立体的な引き出しというのが分かりやすい例は、自分の書棚でもいいが

行きつけというか、馴染んだ図書館なり、本屋のジャンル分けを考えてみると

自分の頭の中に、何階のあのあたりに行けば、この情報はあるな……というような雰囲気だ。

あのような空間的な「引き出しの地図」が頭の中に出来ているからだと思う。

 知的な刺激を得たいときは、本屋でいつも行かないコーナーに行くと面白い発見がある。

そういう例が先日あった。

もう子供が大きくなってからは育児書のコーナーなんて

行かなくなっていた。ふらっと立ち寄った場所に、帯の文句が

「この本こそ子育て中の新米ママの味方だと思いました」という文言に

サインが付いている「宮崎駿」だ。本の名前は「子どもはみんな問題児」

「ぐりとぐら」の中川李枝子さんの本。

 一瞬に色んな事を思い出した。この先を書き出すと長くなるんで今度……。

本自体は、読み終わってから子育て中の仲間にあげた。

 その近くの絵本のコーナーには例の「おやすみロジャー」が平台展開

されていたが、これは2010年から各国で1位を取り続けて、この冬日本に上陸してから

マスコミで取り上げられ続けて10分で寝かしつけられる、と大評判になっている。

個人的には、どうもあの絵自体と絵の少ない「絵本」というのが引っかかってはいる。

心理学というか催眠術的要素で、寝かしつけの効果はあるようだ。

☆………………………………………………………………………………………☆

バックナンバー「ある日の惠友印刷にて。ーーケイさんとユウくんーー」

   >> http://www.keiyu-printing.jp/keiyu_talk/

Web限定「ある日の惠友印刷にて。」

   >> http://www.keiyu-printing.jp/keiyu_talk/#talk_web

☆………………………………………………………………………………………☆

┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓

┃  社 員 の ひ と り ご と

┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛

このコーナーは毎回惠友印刷の全員が1名ずつ自由に書いていくコーナーです。

【今週の担当:Haru 】

  この前ついやってしまったことを公開しようと思います。

ある燃えるゴミを出す日のこと、出勤のついでに出そうと大きなゴミを

持って駐輪場に行き、自転車の後部座席に乗せました。マンションの

ゴミ収集所に捨てていこうと。

  しかし、駅の駐輪場に着いた私ビックリ ポン!!

大きなゴミ袋を乗せたまま駅まで来てしまいました! 大きなゴミを乗せ

さっそうと自転車を漕いでいる自分の姿を想像していたら、恥ずかしくてたまらない

一方、おかしくてつい笑ってしまいました。

 スーパーに入る時は そうだ 味噌が切れそうだから買っていこうと思って

いたのに、家に帰ってから買うのをすっかり忘れていたことに気がつく。

あ〜 またやってしまった。よくある私の日常です。でもゴミは初めて!

 結局、そのゴミは駅の近くのゴミ収集所に捨てることができ無事に出勤することもできました。

感謝感謝です。

☆………………………………………………………………………………………☆

購読の登録・解除はこちらのページから行えます。

http://www.keiyu-printing.jp/magazine/

メールマガジンの前回までのバックナンバーはこちらでご覧いただけます。

http://www.keiyu-printing.jp/mm_bnumber/

┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

┏┏┏

┏┏     惠友印刷株式会社

┏    〒174-0061 東京都板橋区大原町46-2

┌    TEL:03-3558-7670  FAX:03-3558-7661

┌    mail: info@keiyu-printing.jp

┌    URL: http://www.keiyu-printing.jp/

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌

トップへ