新着情報
ホーム » 印刷用語集 » 印刷用語集

印刷用語集

用語 説明
輪転印刷機 巻取紙(ロール紙)を用いて高速印刷する印刷機。印刷に加え折加工部や断裁の装置を含む。新聞や大量部数の雑誌の印刷などに使われる。オフ輪とも言われる。
枚葉印刷機 1枚ごとの紙葉に断裁された紙を用いて印刷する印刷機。輪転機に比べ生産性は劣るが、精密な印刷が可能。カタログやポスター、パンフレット、写真集などの印刷に適している。
オフセット印刷 現在、主流の平版印刷の1つ。印刷の前に水で版面を湿らせ、油性インキとの反発作用により画線部にインキを付ける。インキはゴムシリンダーの表面にいったん転写した後、紙に印刷される。
湿し水 平版印刷の非画線部にインキがつかないように版面を湿らせる酸性の水。10℃程度に冷却し、版の汚れを防止するエッチ液を添加する。
網点 階調を網点に置き換える事で表現する。
スクリーン線数 印刷の精度を示す尺度のひとつ。1インチ当たりに何列 網点が並べるかで決まる。
解像度 ビットマップ画像における画素の密度。単位はdpi (ドット・パー・インチ)で、1インチ当たりの画素数を表す。
CIP3 International Cooperation for Integration of Prepress,Press,and Postpress 1995年にドイツのハイデルベルグ社ほか15社が提唱した印刷に関するワークフロー。
CIP4 印刷の全工程の統合管理のための国際標準化団体。International Cooperation for Integration of Processes in Prepress, Press and Postpress の略。
ページ物 ページ数の多い書籍など文字中心の印刷物をいう。封筒やチラシなどの印刷物は、「端物」という。
CMYK C(シアン) M(マゼンタ) Y(イエロー) K(ブラック) の4色。カラー印刷はCMYKの4色の掛け合わせによって再現される。
CTP Computer To Plate の略。DTPデータから直接、プレート(刷版)に出力する。
1bitTIFF リッピングの過程で生成される、白か黒かで表現されたスクリーニング済みのTIFF画像。白と黒の2値であるため1bitTIFF呼ばれる。
モアレ 規則正しく分布した網点や線が重なり合ったときに生じる干渉縞。
PDF Portable Document Format。アドビシステムズ社が策定したファイルフォーマット。一般にはAcrobat PDFを指す。
PDF/X 主に印刷入稿を目的とした規格で、問題の起こりうる可能性をできるだけ排除した規定。
RIP Raster Image Processor。ベクトルデータをラスターデータ(ビットマップデータ)に変換処理する専用の機械。
組版 文字を一定の規則に並べ、印刷用の体裁に整えること。DTPの普及によるり、ソフトウェア上で実装されることが多くなった。
校正 文章や図版、写真などが指定通りにレイアウト・組版されているか確認する作業。校正紙のことを「ゲラ」や「ゲラ刷」ともいう。
DDCP Direct Digital Color Proofing。DTPデータから直接校正刷りを出力する機械。ハイエンドDDCPではカラーマッチング精度が高い。
平綴じ 背から約5mm内側を針金で綴じる製本様式。
中綴じ 本を開いた状態の紙を重ね、中央部分に沿って針金で止める製本様式。ページ数の多いものには不向き。
無線綴じ 糸や針金を用いず、丁合の後、折丁の背を約3mmほど削り落とし糊付けする製本様式。
アジロ綴じ 無線綴じと似ているが、背は削らず、数ミリ間隔のスリット孔をあけ、糊を染み込ませる。
糸かがり 上製本などを製作する場合に、折り本の背を糸でかがり、綴じる。
上製本 ハードカバー。本文よりも表紙などが大きい本。堅牢で中身(本文)の保護に優れている。丸背と角背がある。
並製本 本文と表紙・カバー(ジャケット)などが同じサイズの仕様の本。表紙の背部分に中身を直接糊付けする。上製本よりもコストが抑えられる。
装丁 書籍の外回りのデザイン。上製本の場合、カバー(ジャケット)や表紙、帯などを指す。
PP加工/PP貼 ポリプロピレンフィルムによる加工。表紙やカバーなど、印刷物の表面の保護等を目的として用いられる。
表紙を除いた本の中身の厚さのこと。
台割表 ページ物の本を製作する場合、16ページや8ページなどの単位でページを割った表。
背標 刷り本の区別のために、品名や折り番号などを背の上部に印刷したもの。折丁の順序を見分けるために折丁の背に刷り込まれる。
どぶ 多面付けの印刷物で断ち落とす余白の部分のこと。
アウトライン フォントのアウトライン情報をもとに、その輪郭線の形のオブジェクトを作成すること。
刷了 印刷物の指定枚数を刷り終わること。
RGB 光の三原色を表し、Red(赤) Green(緑) Blue(青紫) の頭文字でそれぞれの頭文字をとったもの。テレビやモニター等での発色方式。
入稿 印刷する完全データが印刷所に引き渡されること
箔押し 金や銀、色箔を押した加工で、目立たせたい箇所に行う加工の一種。
印圧 版面から用紙にインキを転移させる際に加える圧力。
ドットゲイン 印刷工程で、版の網点より印刷物の網点が太る現象。加圧により網点がつぶれ、広がる。
折丁 ページ物の印刷の場合、8ページ、16ページなどの単位でまとめて印刷される。この単位を折といい、折った状態のものを折丁という。
PS版 PSはプレセンシタイズ(Pre-Sensitized Plate) の略。主にアルミニウムなどを支持体とするの薄板。平版オフセット印刷で使われる刷版。
シルバーマスター 紙に銀を塗布して薬品加工された版。主に大型の印刷機用の刷版として利用される。
ピンクマスター 軽オフセット印刷などで使われる紙の刷版。耐刷は2,000枚前後。
トップへ